文弱日記

文学とサブカルとお役所生活

陰湿ウォッチ

趣味は金融ツイッタラーのライフサイクルを観察することです!

名文

mixiで出会った自己紹介文書がとても良かったので勝手ながらここに掲載します。 小学校中学校高校と全部一番目立たないグループに属していました。その目立たないグループの中でも一番目立たない感じでした。空気のような存在でした。たぶん性格とか言動がそ…

超人とはつまりは健常者のことなんだよ

ニーチェが恋い焦がれ、それを実現しようと必死になって結局狂って死んで失敗に終わったそれ、「超人」。捉えづらい概念だなぁ、と思っていたけど「健常者」と同じだと気づいて、ようやくニーチェの実存主義に合点がいった。 詩作の天才トニオ・クレーゲルが…

好きな人の話

好きな人がいる。 その人の博識が好きで、歪んでるところが好きで、どうしようもないとこが好きだ。 ぼくが誘った立川のバーでその人とはよく飲んだ。中学時代、イジメられて不登校だった話を聞いてゲラゲラ笑った。大学時代、念願だった一橋大学での学園生…

ガイコツ見て

残業中に思い出す風景、事実か妄想かよく分からなくなるんだよな

「今夜Aチャンネル見に来ない?」 毎回宅飲みの開催通知はこんな感じだった。彼の家でクソ安い福島米で作った飯を食べブラックニッカを肴もなく飲む。カーナビ用と思われる小さなテレビにはエルフェンリートとかが流れてる。 「バイト先の○○マジ腹が立つ」 …

恋人とその仕事

恋人が仕事やめるって言うから「よかった〜wこれで私と遊べる時間が増えるw」ってちょっと嬉しくなって背中押してあげたんだけど、「やっぱ続ける」だって。ちょっと寂しかったな。 という話を聞いたことがある。真心からの発言だとしたらとても好きだおれも…

就活生に見せたい16卒金融の1年4コマ

1.【4月】僕だけがいない同期飲み会(FacebookのTL見てたら流れてきました) 2.【4月】自由になれた気がした新人研修合宿脱出した夜(@自宅) 3.【4月】初給与(寮とか入ってないです) 4.【6月】…

限界おじさんは君だ

自己嫌悪が酷いとき、ぼくはよく名も知らない未成年地下アイドルのライブに救急外来の如く駆け込んだ。 「親子ほど年の離れた女の子に向かい必死にmixを打つ中年ヲタ(結婚してたらそれくらいの子供もいたろうに)」 を見て安心するためだ。ステージは客席で…

推し絵と旅する男

デートしてるみたいな写真撮れた

うつ病は治せます

むかし地元でうつ病(診断済み)とうつ病っぽい友人たちと診断の必要性について話してたとき「コレもんって知られると家名が傷つくから俺は受けん」って2浪が言っておれもそうだと思った

ウチナータイム

「地元沖縄だから友人と待ち合わせして2時間経ってもだれも来ず結局お流れとかよくあったw」って話てたら「それって県民性とかの問題じゃなく君が…」って言われ10年越しの真実に到達した

三題噺(その1)

お久しぶりです。 覚えてる?元気にしてるかな。 先週ふとマザーズを見ていたら、あの会社が上場廃止になっていたことを知り連絡しました。 「○○大学って知ってる?知らないよねそんな無名大学。私そこの学生だから大手の選考は1次も通らなくてさ。ベンチャ…

赤と黒

「父の医院を継げば?」と言われた。 その条件ならば私立医学部に行く学費は出すとも。 生涯所得10億増のまたとないビックチャンスだ。 立身出世の手段としてはここ最近で一番現実的なもので、 心が揺れている。

長いコメント

ねぇ、これから 展覧会に行かない?僕の左掌が暖かく柔らかな小さな手にそっとにぎられた。声の主はもう一度言った。ねぇ、キミ、忙しいかい?それともそうしていつまでもぼんやり突っ立ってるの?僕の頬にふっと息が、いや息の様な風が触れて、はっと我に返…

手塚治虫

ブラックジャック創作秘話という少し前に話題になった漫画を読んだ。全5巻。 手塚治虫に関わったアシスタントや編集者たちの作品にかける熱意。異常とも言える劣悪な労働環境。そしてそれすらも全て「いい思い出だった」と関係者に言わせるほどの、手塚治虫…

お掃除と世界平和

シンクの排水口に溜まった生ゴミ片付けるのがめんどくさくて、定期的にパイプユニッシュ上からぶっかける以外何もしてなかったから、排水口に見たこともないヘドロが溜まってて点検に来た管理人といっしょに笑ってた。 面倒くさがりも健常者から見て度を越え…

BLEACH最終巻読みました

おれがサイボーグクロちゃんとかコロッケを読んでたとき、あいつらはNARUTOとかBLEACHを読んでたし、おれがBLEACHとかNARUTOを読んでるいま、あいつらはゴルフとか外車とか言ってる

父が野村2年くらいで辞めてた事実今まで笑ってたけど、同時代の裏話を書いた例の本読んで「オタクの父親なのによく頑張ったなぁ」って褒めたくなってきた。

故郷

母の兄がエホバの信者で実の両親(母方の祖父母)の葬式どちらも欠席してんだけど、これが閉鎖的で保守的な鹿児島の離島においてけっこうなニュースだったらしく、ぼくが父方の祖父の葬式に出なかったことが「○○(母の旧姓)のとこの人だからね…」みたいな感…

iの世界

医者・医学生との交流が最近増えた。 とても意義のある仕事、バラ色の未来、 高いステータス。ぼくはコンプレックスの塊だから、自信に満ち溢れている(ように見える)彼ら彼女らと一緒にいるのは息苦しい。 別荘の話やCA合コンクラブの話、出身高校の話。住…

ご挨拶

「ねえ、これから葬式行かない?」「なんだそれ?」唐突な提案に驚いた。また、いつもの人を誂う言葉遊びかと思った。「いいの?じゃ、いこっか」目黒通りの人混みの中を、ずんずんきみは進んでく。ほんとなのかよそれ。待ち合わせ場所に現れたきみを見たと…

元カレとその時代

いまもわりと必要で

Tinder

Tinderやりたいけど近隣住民に「Tinderで見た顔だ」って思われるの嫌だしなによりFacebookやってなかった

まんが道

ブラックジャックによろしくを読んで感動した。難しい医療の話が平易な漫画となって表されている。命とは何か、医者とは何か、医療制度のあるべき姿とは。小説でテーマにされようものなら、小難しそうで敬遠されようものだが、漫画には敷居を低くくし読ませ…

新年の計は元旦にあり

ということで転職します

香菜、きみの頭ぼくが良くしてあげよう

筋肉少女帯の『香菜、頭を良くしてあげよう』は大好きな曲だったけど、自己評価の低い男がさらに自己評価低い女捕まえ「生きることに君が怯えぬように」とか抜かしながらモラハラマウンティングを繰り広げるキモい曲だって女に言われ完全にアッになった。 「"…

青春の文学

太宰治を嫌う人は多い。 たとえば作家の三島由紀夫なんかは『小説家の休暇』というエッセイの中で、太宰について興味深い発言をしている。―自分がいかにダメかということをあれほどまでに強調するのは、単なる開き直りではないか。治りたがらない病人は病人…

サブカルと初体験

新宿駅南口、大きな時計でお馴染のファーストキッチンのその近くに、むかし「カップル専用」と看板が掲げられた怪しい漫画喫茶があった。彼女はスマホを操作しながら「ここにする?」と隣を歩く童貞のぼくに聞いた。 「いいよ」 と答え、ビビる気持ちを悟ら…

若者

若者は入れ替え制。年代は新陳代謝を繰り返す。 むかしの若者はいくら若ぶったって、もう若者とは見られない。 自分よりも若い子が入ってくると、もう自分は若者ではなくなる。 人は、だいたいのことがわかっている。だいたいのことがわかっていながら、わか…

べんきょむしようと思う

暇だし何かにチャレンジしたくなったので。来年の7月、これで内定出たらぼくは天才だと思う。

村上会話

村上小説の男女が会話、「それってどういうこと?」ってツッコミがなく、"わかってるよ"という空気を共有する散文詩のような言葉がただ水のような流れてる。そういう会話しかできない。オタクとはそういう下地を共有してるって幻想があるから、オタクとしか…

慰め

酒飲むか?風俗行くか?自虐、以外の慰め方を知らない。

公務員のお仕事

今月上旬に並列ルートで部長決裁に回した外部向けの通知文、10人以上が絡むため決裁に予想外の時間がかかってしまい、今週ようやく部長までたどり着いたけど「文頭のこれ、10月までの時節の挨拶だから直しといて」と戻しを頂いた。大切なのは頭紙ではなくそ…

君の名は。見ました

感想。時間のトリックには驚いた。腕のブレスレットもそうだけど、バイト先の先輩と見ていたあの写真展の写真ももしかしたらな、とか確認したくなりもう一回観たくなった。でも、テレビで言うほど感動はなくその点は微妙。「会ったこともない男女があんな大…

グーグル検索しても一件もヒットしないのは、もしかしたらキミは結婚して違う名字になっているのかもしれない。

一女二女

大学の頃女と交流なさすぎて一女二女っていうのがよくわからなかった。一女→一橋女子、二女→?って感じ。

挫・人間

www.youtube.com 社会人だけどこんな曲聴いて感動しているって言ったら、笑うか?

しあわせの一撃 

女「あー!蹴った!いまお腹を蹴ったよー!ふふ、元気なんだから^^」こうして俺は彼女を堕胎させた。 おわり

秋はエモい

流れてきたリンクでこの場所を知った。 見知らぬ誰かが、きっと気まぐれで置いたテキストが何だかやけに頭に残ってる。 どこにも行き場所のない感情にも、 誰にも発信出来ない言葉にも、 そんな場所があれば良いのに、と思う。

誰か紅茶を飲みに行こう。ぼくのどうでもいい話を聞いてよ。 三回ぐらいまでならあくびしたって構わない。 日の入らない一番奥のテーブルで。 その後で君の話を聞かせてよ。どこにも書けないような話を。 何もかもから遠く離れた、一番奥のテーブルで。 どこ…

居残りした話

美術室で教師と語り合う8時限目。生徒はぼくひとり。 人間失格、罪と罰、どくとるマンボウ、父と子、トニオ・クレーゲル。 側に積んだたくさんの好きな本。居残りで描いた汚い絵。そのモチーフ。 夕焼けの道を駅まで歩く。すれ違う量産型の大学生。 涼しい秋…

映画のレビュー

今日も定時退社。きっかり19時にご飯を食べ終わった。食後、何か映画が見たくなったので、面白い映画はないかとインターネットで映画レビューを検索していると、ある一件のレビューページがヒットした。 レビューの文面からもわかるとてもかなしい、やるせな…

カメラロール 

健常者がやるっていう、酒飲みながら互いのカメラロールの写真見せ合いっこして思いで語るやつしたいと思い、携帯のカメラロール整理してた。 まともなのがない。そうしていらない写真を消去しながら過去へ過去へと遡っていくと、むかしに他界した地下アイド…

断捨離 

断捨離してたら色々出てきた。 なぜ買ったかわからないエロ本第1位 『北岬』-石原真理子 …… ひどいぜ

旧友

小学校からの友だちな理論物理学院生と会うたびにおれだけ大人になっちゃった寂しさをあり得ん感じる。昨夜も「社会認識がなってない」って注意を2回もしてしまった。 彼は芸術を愛し、哲学を好み、理論物理学という霞を食べて生きていこうとしている。「あ…

チャーハン

むかし消化器官に難があるメンヘラの女の子と付き合ってたとき、別れ話のもつれから彼女がヒステリーを起こしたことがあった。「もう死んでやる」そう叫びながら夜ご飯の残りのチャーハンをかっこむ彼女を見たとき、思わず笑ってしまいその話は立ち消えとな…

伸びしろのない、先の見えた給与体系

伸びしろのない、先の見えた給与体系。―具体的には、先月近所で拾って交番に届けた5000円相当の『西武リーグ優勝記念プリペイドカード(1998年)』が12月末に落とし主不在で貰えるかどうかがこの生活唯一の楽しみ。(毎晩もらえたときの妄想をする)

ストレートパーマ 

この先週末毛矯正をして、職員間ではバッハさんの愛称(陰口)で親しまれてたおれの髪の毛をナスのヘタみたいなストレートにしたのに誰にも声かけられなかったから気分悪くなって今日は早退した。 切り直しに行ったとき、写真を撮ったら鬱病がそこにいた。

AV

AVを見てると最近は「こんなに美人なのに人生つらいんだな」って感じることが多くなった。高学歴童貞も似たとこある。