文弱日記

文学とサブカルとお役所生活

居残りした話

美術室で教師と語り合う8時限目。生徒はぼくひとり。

人間失格罪と罰、どくとるマンボウ、父と子、トニオ・クレーゲル。

側に積んだたくさんの好きな本。居残りで描いた汚い絵。そのモチーフ。

夕焼けの道を駅まで歩く。すれ違う量産型の大学生。

涼しい秋風と哀愁を誘う虫の声。

サンセットの向こうに消えてくふたり。

つり革に捕まる電車の中の声。

目の前に腰掛ける後輩。

声をかけるべきか否か。

その疲れたリーマンはため息し、ぼくもため息。

「大変だよね。つらいよね。」
後輩の足元を見る。程よく草臥れた革の鞄。
となりの女性と目が合う。

彼女は本を読んでいた。