文弱日記

文学とサブカルとお役所生活

村上会話

村上小説の男女が会話、「それってどういうこと?」ってツッコミがなく、"わかってるよ"という空気を共有する散文詩のような言葉がただ水のような流れてる。そういう会話しかできない。オタクとはそういう下地を共有してるって幻想があるから、オタクとしか話せない。