文弱日記

文学とサブカルとお役所生活

三題噺(その1)

 

お久しぶりです。

覚えてる?元気にしてるかな。

先週ふとマザーズを見ていたら、あの会社が上場廃止になっていたことを知り連絡しました。

「○○大学って知ってる?知らないよねそんな無名大学。私そこの学生だから大手の選考は1次も通らなくてさ。ベンチャーぐらいしかないの。」

駅からの帰り道、君はそう言って『ベンチャー』という横文字に漠然とした憧れを持っていた僕に『ベンチャー』が何たるかを教えてくれたよね。

おかげで僕はいま、大手重電でつまらないながらも安定した毎日を送っています。

来年には子供もできて結婚もする予定です。そう、デキちゃった婚笑。

僕で何か力になれるか分からないけど、困ったことがあれば連絡下さい。

それとあの時△△△(関西弁で女性器の蔑称)ありがとうございました。

 

ベンチャー』『重電』『オメコ』

集英社2016年採用試験三題噺より。