文弱日記

文学とサブカルとお役所生活

綺麗な指してたんだね、知らなかったよ

女さんとLINEしてるのを彼女に見られ、「その内容見せてよ」とせがまれ、なじられ、暴力を振られ、取った取られたのスマホ争奪戦を30分ほどやってました。

引っ掻いてくるし、指噛まれるしで痛かった。

彼女がぼくから携帯を奪うと今度はぼくのターンで、携帯に絡まる彼女の指1本1本をジリジリと剥がしていく作業。

途中股間やお腹等たくさん殴られ蹴られ踏まれたけど、めげない。男の子なので。

彼女いわく、「何事にもムキにならないぼくが必死で抵抗するから"なにか"ある」と思ったんだって。

そうこうしているうちにぼくも飽きてきて、彼女に携帯を手渡した。

LINEの女さんはゼミの後輩で、内容は今度のOB会の日程調整等の業務連絡や他愛もない近況話。

「これを隠したかったの?」

「うん、だって濃厚連絡じゃん…悪いと思って」

「見てよ指、皮剥けちゃったんだけど」

左の薬指ぼくの面前に突き出して、右手でぼくの携帯をポイと布団に投げた。