文弱日記

文学とサブカルとお役所生活

きみと映画

彼女の華やかすぎる男性交遊(毎回話してくれる)(医者・医者・編集者・マリン)に新たに研修医が加わったと聞き、「そういうのが好きならおれダメじゃん」って言ったら「パパがママを札束で殴る光景が日常な家庭で育ったから、パートナーは一生マウント取れる人がいい」と言われ愛がさらに深まった。

 

じやあないんだよ。彼女の浮気相手に介護・飲食・市役所職員が出始めたら、それが終わりの合図。