文弱日記

文学とサブカルとお役所生活

善く生きる

自分の人生の価値って、どれだけ人の記憶に残ったか、どれだけ人の感情を動かしたか、にあるのだとしたら、打算の計算過程も変わると思った。金にならない、むしろ金銭的に損な行動でも、たとえ相手がもう会うこともない人であっても、この仮定の下ではやるべきことがある。