文弱日記

文学とサブカルとお役所生活

抜粋―あるブスの遺書より②

決して軽い気持ちで不倫してたわけじゃない。常に本妻と慰謝料請求に怯えて不倫をしていた。