文弱日記

文学とサブカルとお役所生活

打ち上げ花火

「君の名は」をさんざんこき下ろした後「打ち上げ花火」を褒めてたら後輩に感性を疑われた。
散らかった映画だと叩かれがちだけど、観客の焦点を限定しない良くできた映画だと思う。初めて観たときは、スクリーン外のことが気になりすぎて観賞どころではなかった。2回目観た今だから思う。あれはよかった。