文弱日記

文学とサブカルとお役所生活

twitter辞めた話

好きな人ができた。

詩人だった。

Twitterをやってた。

覗いてみる。毎日毎日。

 

こういうものが好きで、こういうことに興味があるんだ。

東欧の映画監督に、大正期の文字装飾か。個性的な趣味だな。

定期的に社会問題についても書いてる。

あの問題はこうで、この問題はそうときたか。ちょっとネトウヨ気質なのが残念。これも椎名林檎の影響かな。鳥肌実かな。

この感性で今日のあの事件はどう切られるんだろう。

気になるな。覗いてみよう。

毎日毎日。

 

そんなこんなで半年張り付く。

趣味・趣向、生い立ちがわかってくる。

あんな経験をしたから、そうした家庭環境だから、こういう考えになるのかな。

少しずつ掴めてくる。

 

きっと今日の事件はこうで、あの問題についてはこう切ってるに違いない。

○○の新作には否定的なんだろうな。世間で受けてるから。

ドンピシャ。

なんかつまんない人だな。

浅はかだな。

興味が薄れ、離れていく。もういっか。もういいな。